指圧(SHIATSU)が初めての方へ

初心者のための指圧治療院ガイド

 

初めての方が多数来院されています

初心者にとても優しい指圧治療院です。

このページは、指圧治療院で指圧を受けるのが初めての方のためにお知らせしてます。

 

ご年配の方は、桂子金治師匠のTV番組「アフタヌーンショウ」で

「指圧の心母心 押せば命の泉湧く!わっはっはっはっは!」で有名な浪越徳治郎先生の恵比寿様のような笑顔と大きな笑い声を覚えてる方も多くいらっしゃいます。

 

もう少し若い年代になると、「天才たけしの元気が出るテレビ」に出演していた、

80歳でジェットコースターに乗っている元気なおじいちゃん、『ジェット浪越』を思い出される方も大勢いらっしゃいます。

 

しかしながら、最近の20代30代の方の多くは、浪越徳治郎先生もご存じないですし、『指圧』という言葉すら知らない方々がほとんどです。

指圧は日本発祥の手技療法で、『SHIATSU』として世界共通語になっています。海外に出られて、はじめて指圧が日本の文化と知り、当院を訪ねる方もいらっしゃいます。

 

当治療院では、そんな指圧未経験者の患者さまも積極的に受け入れております。

初心者にとても優しい指圧治療院です。

 

押圧の読み方

 

指圧は押圧操作と運動操作のという2つで構成されています。

中国最古の医学書『黄帝内経の素問』には、導引按矯(どういんあんきょう)という記述があります。鍼灸、湯薬とともに、東洋の医療施術として発達したものです。

東洋医学が発祥した時代から、手技療法と運動療法はセットだったのです。

 

運動操作とは、皆さんにわかりやすく伝えるとストレッチのような運動療法のことを指します。

 

「押圧法」は、「おうあつほう」と読みます。

初めて聞かれる方もたくさんいらっしゃることと思います。

 

指圧療法の押圧法とは、あんまやマッサージなどその他手技療法で使われる圧迫法とは異なり日本独自の治療法です。

当院が『痛くない指圧』が可能な理由は、、、、

 

指圧の真髄『診断即治療』の治療効果を出せる、『押圧法』の特別な修練を積み重ねているからです。

押圧法は、とても高度な技術が必要な治療法です。

 

実際に初めて指圧を受けて頂いた感想です。

 

もっとぐいぐい押すのかと心配していました。

こんな風に優しく押されたの初めてです。

思いっきり馬乗りになるのかと思いました。

こんなに優しい圧なんです。

先生押してるんですか?

これが指圧なんですね。指圧の概念が変わりました。

 

などなどとても優しい触れ方なのに体の芯まで圧が届いてくることに皆さん驚き、そしてその治療効果にびっくりして感動して帰られます。

 

どんな症状に効くの?

 

指圧の効果は幅広く、様々な症状に対応することができます。

 

当院では、様々な疾患に指圧で対応させていただいております。

特に、県外からいらっしゃる方の多くは、頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、逆子(骨盤位)の患者様が多くいらっしゃいます。

 

当院が対応している適応症状はこちらになりますのでご覧ください。適応症状のリンクへ

 

その他の治療効果はこちらをご覧ください。

その他、指圧の浪越徳治郎先生の著書から抜粋(リンク作ります)

 

指圧って痛くありませんか?

 

皆さんが想像している指圧は、体重を乗せてぐいぐいと押すイメージのを想像されているのではないでしょうか。

 

指圧の真髄は診断側治療といいます。

 

押圧法で治療する指圧師は、決して力まかせにグーっと押すことはありません。なぜなら、指は押すだけではなく、あなたの体の状態を瞬時に察知するセンサーだからです。

 

「先生なにをしているんですか?」

とびっくりするぐらい柔らかく深く圧が入ります。

 

初めての指圧体験にびっくりされる方も多数です。

 

揉み返しってありますか?

 

指圧(SHIATSU)は押す治療法です。もみあげる事はありません。

 

悪化することはないの?

 

指圧治療は極めて高度な技術を要しそのため安全性の高い治療法です。

もちろん、知識のないものがむやみやたらに揉んだり、叩いたりすれば危険である事は言うまでもありません。

 

指圧(SHIATSU)の押圧操作ができる指圧師は、特別な訓練を必要としています。

 

症状が出てない時でも通っていいですか?

 

症状が強く出ている時は指圧を受診すべきか、症状がおちついている時に受信すべきか迷うかもしれません。

 

どちらでも大丈夫です。初めての方で、いつもと違う激痛が走っている方に関しては、医療機関での受診を進める場合もございます。

 

妊娠中でも指圧は受けられますか?

 

ご予約の際に「妊娠しています」とおっしゃってください。妊娠週数をお尋ねしますので、正確な週数を教えてください。

 

通常安定期以降、約16週から臨月直前35週までの方をマタニティー指圧お受けしております。

 

マタニティー指圧は、歴史が古く江戸時代から行われてい文献が残されています。

 

それ以外の、週数の方は付き添いの方とご一緒であればお受けできる場合がございます。

 

どんな服装で通ったらいいですか?

 

基本的に、動きやすい服装でいらしてください。

 

スカート、ワンピースなど控えていただければと思います。

 

着替えをご用意しておりますが、サイズが合わない場合もございますので、なるべく治療を受けやすい格好でご覧いただければと思います。

 

何回位通えばいいですか?

 

何回くらい通えばよいのか?患者さまからいただく一番多い質問です。

金銭的にも、時間的にも先の見通しが利かないず不安になりますよね。

 

患者さまの、症状、年齢、職業、回復力、生活習慣など十人十色です。

初回ご来院されて、二回目、もしくは三回目の受診時の回復状態をみさせていただき、おおよその治療期間をお伝えさせていただいてます。

 

ご予約の方法(完全予約制)

1.電話をかける

当治療院は完全予約制です。来院前に必ずご予約ください。当日のご連絡でも空きがあれば対応できます。

 

「ネットを見ました。予約したいのですが…」とお話ください。紹介者がいる場合は、「○○さんの紹介です」とおっしゃってください。

 

ご予約時には1~3をお尋ねします。

1.症状

2.お名前(フルネーム)

3.緊急連絡先(携帯電話など)

2.予約の当日

お時間に遅れないように余裕をもってお出かけください。ご予約時間の5~10分前がちょうどよいです。遅れる際には必ずお電話ください。

 

治療の直前はお食事を控えてください。治療効果が低下いたします。

食後1時間30分は空けるようにしてください。