あら不思議!逆立ちしてもお水が飲める?

あら不思議!逆立ちしてもお水が飲める?

食道は口から胃へ食物を運ぶ筋肉の器官で、第6頸椎という首の骨の6番目あたりから始まって長さは約25センチ程度です。

食道は、自ら筋肉を収縮させながら食物を下へ下へと運ぶ働きがあります。これを蠕動運動と呼びます。

この蠕動運動のおかげで、寝転んで何か食べても、たとえ逆立ちして食べても、食べ物はちゃんと胃袋に運ばれるわけです。

 

ところで、食べ物はなぜ気管に入らないのでしょうか?

それは食べ物を飲み下す嚥下反射の際に、食道の入り口についている、喉頭蓋によって器官の入り口が閉まる仕組みになっているからです。

しかし、この喉頭蓋が何かの拍子で塞がらないうちに、食べ物を飲み込んでしまったりすると、むせる原因になったり、お年寄りだと誤嚥性肺炎の原因になったりしまいます。

 

食道は熱すぎる食べ物や、アルコール度数の強い酒、タバコなどの刺激物でダメージを受けやすい器官です。

これらを好む人は普通の人より、咽頭癌や食道がんになりやすいと言われています。

指圧療法の創始者浪越徳治郎先生は、熱いものを食べると食道がんの発症率が高まると言うことで、熱いラーメンを少し冷ましてからいつも召しあがったと聞いております。

 

特に食道の入り口や気管支支部、横隔膜を貫いている部分は、他の部分よりくびれているため罹患しやすくなっています。胸やけ、呑酸「どんさん」と言って酸っぱい液体が口まで上がってゲップが出る症状、食べ物を飲み込むときに喉の違和感を感じるようになったら要注意です。最近よくテレビでも流れるようになりました逆流性食道炎には、十分に注意しましょう。

 

 

その痛み我慢していませんか?

どこに行っても治らなかった腰痛、腰椎ヘルニアの痛みでお困りなら

痛くない指圧!代々木で唯一「押圧法」(おうあつほう)で治療する

「世田谷指圧治療院てのひら 代々木駅前店」まで今すぐご相談ください。

遠慮は健康を遠ざけます!

 世田谷指圧治療院てのひら 代々木駅前店

渋谷区代々木1-37-7 勝栄ビル306
JR山手線・都営大江戸線『 代々木 』駅 徒歩1分

詳しい順路はここをクリック⇒

【完全予約制】

次の記事

中枢神経ってなあに?